独りが好きなんて言うな


俺はこのブログでも書いている通りで独りが基本的に好きだ。誰にも気を遣わなくていいし、好きなだけ好きな事をしていられるし何より心が落ち着くもん。

別に独りが好きってのは何も悪い事じゃない。自分を肯定する為に書いてるんじゃなくて本当に悪い事じゃないと思っているよ。むしろ独りの時間をきちんと大事にできるってのは男として結構渋い。

でもね、今回俺が言いたいのはわざわざ独りが好きですなんて言っちゃダメだって話。『A:休みの日は何してるんですか?』『俺:基本独りで何かしらしてます。独りが好きなので・・・』。ダメ絶対。

独りが好きって何故言っちゃダメなの?

勘の良い人やヒトリスト歴が長い熟練者は分かったかも知れないけれど、ここからはどうして独りが好きって言っちゃダメなのかについて書いていくよ。一人が好きなのは良いの。誰かに言うのが良くないの。どうして?

人に気を遣わせてちゃ元も子もない

冒頭で書いた通り、独りの良さは誰にも気を遣わなくていいところだ。でもね、独りが好きなんて言うとね、自分に好意的に接してくれてる人なんかが気を遣っちゃうじゃない?『この人は独りが好きな人だから早めに切り上げて帰らないとな・・・』なんて。

それに場合によっては『こいつ独りが好きだから放っておこうぜ?』なんてなるとこっちも嫌な気になるしさ(捻くれた感じを出すと、『おぅ、放っておいてくれよ』だけど)。要するに、独り好きが災いして誰かに気を遣わせるような事はあってはダメだ。

アウトローを気取るのは結構格好悪い

あとは、基本的に独りが好きってのを自分で主張するのは格好が悪い。アウトローを気取ってるようで嫌みったらしい。だからあんまり人に言うべきじゃない。サッカーやバスケ、野球が好きってのは爽やかでいいけど、孤独愛してますって結構痛いじゃない。

なんと言うか、本人はそんな気はなくてもなんとなく独りが好きな俺カッケー感が出ちゃうと思うのよ。独り好きを伝えて悦に入ってるような感じになっちゃうのはよくねーよって。

自分で壁を作っちゃうのはよくない

人に気を遣わせちゃダメよって話とかぶるところもあるけど、そもそも自分からわざわざ世界に壁を作るのはよくない。独りが好きって言葉は結構大きな壁を作りがちだ。

世界と自分の間に壁ができちゃうと視野も狭くなるし、考え方も凝り固まったクソみたいな人間になる(参考:独りぼっちで誰にも評価してもらえないとどうなるか知ってる?)。独りが好きとは言え、心の戸は開けておいた方がいい。独りが好きなのはいい。でも屑人間になっちゃだめだ。

独り遊びは独りで完結させよう!!

ここまで書いた通り、わざわざ独りが好きと言うのを誰かに伝えても本当にいい事は何ひとつない。確かに独りの時間を尊重してもらえるなんてメリットもあるかもしれないけど、やっぱりそんな気を遣ってもらっても楽しくないもの。

独りは最初から最後まで独りで完結させるのがいい。なんと言うか、昨日オ●ニーしましたってわざわざ人に伝える?そう言うことやで!!よろしくな!!

P.S.

この記事を書いたのにはきっかけがあってね、そんな話を最後に少し。この前遊びましょうなんて声をかけてもらったんだけどね、その人が気を遣ってくれて挨拶だけしてあとは自由行動にしましょうなんて言ってくれたのよ。

なんだか独りが好きって伝えてたせいで、本当気を遣わせちゃって悪いなぁって思ってね。目上の人だから尚更よ。俺はこんなブログを作っちゃったからネットの中ではもう仕方がないんだけど、現実世界で同じような思いをみんなにして欲しくなくて書きますた。参考にしてくれよな!!