大阪の日本橋のエステ基盤店


立秋とは名ばかりの厳しい暑さが続いていますが、みなさまいかがお過ごしか。

わたくし孤独なおっさんは、ベタつく身体もそのままにその日暮らしの毎日です。

しかしながらそんな孤独で汚いおっさんの私にもささやかな楽しみがあるわけで。

それがお食事、特にジャンキーで明らかに身体に悪いものを腹一杯食べる事。

えぇ、二郎系のラーメンですね。

今回はですね、当方野暮用にて大阪に足を運んだ際にいただきましたですね、
いわゆる二郎系ラーメンについて皆さまに有料級の情報をお届けしようと思います。

ここを俺の大阪日本橋の二郎系ラーメンの基盤店とする!!



大阪の日本橋の基盤店はここ!!

大阪の日本橋のエステ基盤店


やっぱり各地で各々がお気に入りのラーメン店を見つけるのは麺好きからすると当たり前だと思う。

そしてお気に入りのお店、要するに基盤となるお店を軸にして他のお店も探索していく流れが定番だ。

で、そんな大阪日本橋で俺の基盤店となるお店が今回紹介する「マッチョ 難波千日前店」だだだ。

マッチョ 難波千日前店の基本情報

まぁ店舗情報は食べログなり何なり見てくれれば分かるんだけれどもね、

せっかくだしここでも書いておきまする。再度検索するのも面倒だもんでね。

  • 店名
  • 自家製太麺 ドカ盛 マッチョ 難波千日前店

  • 営業時間
  • 11:30~15:00
    18:00~22:30(麺切れ次第閉店)
    日曜営業

  • 定休日
  • 火曜日

  • 禁煙・喫煙
  • 完全禁煙

  • 駐車場
  • 無し

  • 予約可否
  • 予約不可

  • 住所
  • 大阪府大阪市中央区日本橋2丁目7-22

  • アクセス
  • 南海難波駅から徒歩5分
    地下鉄日本橋駅徒歩5分
    地下鉄なんば駅徒歩5分

    難波駅(南海)から337m

  • 地図
  • 食べログ
  • https://tabelog.com/osaka/A2701/A270202/27051540/

わいの日本橋基盤店、マッチョの特徴と感想

大阪の日本橋のエステ基盤店


では早速そんなわいの日本橋の基盤店マッチョの特徴とか感想とかを書いていくよよよ。

まぁ良くある二郎系ラーメンですわいな。ラーメンの見た目も山盛りでまさにって感じでおま。

店構えは私のような小汚いおっさんでも一人で入りやすい感じで助かりますね。

そして店内は薄暗く、豚骨の匂いがほのかに香ります。綺麗とは言い難いですが居やすいです。

食券システムで、入店したらまずは券売機にて食券を購入して店員のお兄さんに渡します。

その時に例の呪文を唱える必要がありますが、分からなくても別に問題ありません。

お兄さんが「野菜の量選べますがどうしますか?」などなど、逐一聞いてきてくれますからね。

ちなみに、野菜・脂・ニンニク・カラメ(ウスメ)などを無料で選ぶ事ができます。

ちょいマシ・マシ・マシマシ、ちょいカラ・カラメ・カラカラで対応が可能でやんす。

さらに麺の量も並の場合で315gまでの間で選ぶ事ができます。

普通のラーメン屋だと円盤ですが、ここは無料でこれらのサービスが受けられます。ん?

味の感想

肝心の味ですが、The二郎な感じのやつで、食べた瞬間脳内に幸せ物質が溢れます。

スープはバチバチに濃くて、脂がスープと分離して上澄み液として見て取れます。

口の中に含むと、ニンニクの香りが鼻を抜けて、舌が痺れるほどの味の濃さを感じます。

麺は太麺で、かみごたえも食べ応えもバッチリ。腹にガツンときてくれるので嬉しいです。

そしてもやしも山盛りなので、食感も楽しめて飽きがこない作りとなっていますね。

チャーシューも分厚くて大満足。後半に食べるとしんどいのでチャーシューは先に食べるのが吉。

お腹が減っている状態だと、本当に幸せになれるラーメンで空腹時に訪れる事をオヌヌします。

写真の状態の頼み方は?

ちな、私がオーダーしたのはラーメン並(700円)です。券売機の左下のやつでありんす。

呪文で言うと、基本全マシでニンニクだけマシマシにしていただきました。麺の量は315g。

全マシマシにも興味がありましたが、いかんせんおっさん。胃もたれに不安を覚え妥協です。

ただこのオーダーでもお腹が破裂しそうなほどの量で大満足でした。

さらに言うなれば、帰り道にやろうと思えばいくらでもリバースできるほどの量です。

(※未来のわいへ。全マシはいいけどもだね、麺の量は250gにしておきない。イキっちゃダメ)

まとめ

大阪の日本橋に寄った時に、腹が減って何かガツンと来るラーメンを食べたい時にオヌヌ。

一人でも入りやすいので、一人飯を考えている人も是非行って欲しいラーメン屋でおま。

ここで二郎系ラーメンをガンギメして、後はアムザでしっぽりカプセルが鉄板コース。

(宣伝:カプセルホテルの楽しさ教えて欲しい人はこちララランド)

この「自家製太麺 ドカ盛 マッチョ 難波千日前店 」を基盤店として色々周って欲しい。

みなさんも是非日本橋の基盤店をこことして、徐々に活動域を広げて行って欲しい。







雑談

いやらしい事を考えて訪れた小汚いおっさんの皆さま。えぇ、わかっています。基盤店。えぇ、基盤店ですね。木梨でも石橋でもなく基盤店。大阪の日本橋といえばですからね。みなさま蟻がお好きなようで。しかしながら、当ブログはそう言った事はなかなか書きづらく。申し訳ございません。

ただ、あまりにも冒頭で書いた「↓↓いやらしい気持ちで訪れた小汚いおっさんはこちら↓↓」というリンクのクリック数が多かった場合は、僭越ながら以下にて改めてまとめさせていただきます。えぇ、爆サイを潜ればいくらでも出てきますからね。私ネットに身を置く人間、そういった事は得意なので。

是非その際は汚い万券を握りしめて足を運んでください。私は病気が怖いので訪れませんが、それでも情報だけは提供する事ができるので、その時が来たら再度覗きに来ておくんなまし。ただし、あまりネットでそういった文化や情報を発信すると、どんどん廃れていく恐れもありますので、その辺りは私も望むところではないので考えものですが。

まま、地雷を踏んだらサヨウナラという映画もある通り、サヨウナラされる方も多いかもしれませんのでご注意の上宜しくお願いします。いやらしいおっさん各位、以上よろしくお願いします。