タイ男一人旅


社会の常識の囚人の皆様こんにちは、ぴとりです。我々ストレス社会に暮らす現代人、色んなものが溜まっていると思います。えぇ、何を隠そう私もそれはもう溜まっています。

そんな時はやはり一人旅、そう男にはすべからく皆一人になる時間が必要なわけです。という訳で私もですね、行ってきましたガス抜きに。そうだね、みんな大好きタイなんだよー。タイに行きタイからタイ行ってきたよーーの話するよー。みんなお越しー。

旅の目的〜男一人で行く理由〜

普通の感覚を持っている人ならおっさん一人でタイに一人旅なんて頭がおかしい人扱いだと思う。でも俺にはきちんと旅の目的というのがあってだね、それを少し書いておくよ。

禁断症状の緩和ケア

バックパッカーをしてた人なら分かると思うけれど、旅を辞めると禁断症状が出てきちゃうのね。要するに日本にいながらウズウズしちゃうわけ。「あぁ、海外に行きたい、辛い。」これが毎日続くわけ。その緩和の為に来たよ。ホスピス。

ストレスの発散

冒頭で書いたように、どうしても我々現代人、ストレスを抱えがちです。この溜まりに溜まってジェル化したストレスを溶かして発散するためにタイに来たよ。美味しいタイ料理を食べてタイマッサージも受けてね、仕上げにビールでガンギメするために来たよ。

お仕事環境を変える

私、日本ではですね、これまた薄暗く机以外の何もないワンルームを事務所として使っているわけですが、そんなところに一人で毎日いると頭がおかしくなってくるの。だから心機一転少し仕事の環境を変えたくてタイに来たよ。こっちでも仕事はきちんとするよ。

関空からスクートなるLCC乗ったやで〜☆

タイ男一人旅

まま、目的ってのはそんな感じでね、のんびり仕事したいのねタイで。んで初めに書いておくとだね、まじで何の情報もないただただ旅行して来たよーって話だから注意してくれよな。あとだいたい4日間くらいの旅でした、うん。と言うわけでやってきました関西国際空港。

やっぱりバックパックを背負うと元気が出るというか若返るのね、もう勇み足で関空だよ。今まではエアアジアでブイーンだったけど、初めてスクートなるLCCに乗ったよ。イェィ。


タイ男一人旅

受付のお姉さんはやっぱり綺麗だから嬉しくなります。JALのお姉さんが受付してたんんだけどね、制服かわいいから好きだよ俺。


タイ男一人旅

もちろん搭乗前はビールを頂いて寝る準備。バンコクまでは5~6時間くらいかかるからね、やっぱり寝て過ごすのが一番だもの。ちなみに「たこ昌」さんでたこ焼きも頂いたよ。(もっと美味しいたこ焼きはこちら)

スクートの寝かさない感すごい

タイ男一人旅

でね、スクートね、黄色で可愛いんだけど色々余計なことめっちゃするのね。到着2時間前くらいにね、機内をレインボーにしてねアイスクリーム売り始めるの。もしこれから乗る人はそのつもりでよろしく。

無事ドンムアン空港に到着

タイ旅行記

俺みたいな貧乏人はLCCしか使えないので、毎度のことながらドンムアン空港だよ。一度で良いから行ってみたい、スワンナプーム空港。どうも歌丸ですってな感じね。

でもドンムアン空港に着いてね、お外に出て蒸し暑さやタイの匂いを感じながら吸うタバコってのはまた格別なのよね。「あぁ、来ちゃった。ムズムズ」だよ。

バンコクの夜は変わらない

タイ男一人旅

空港からタクシーをぶっ放し無事バンコクへ。スクンビット界隈(バンコクの繁華街)でホテルを取ったんだけどね、やっぱりバンコクの夜はピンク色で変わんない。それを横目にわい、屋台へ。お腹が空きすぎて写真を撮るのを忘れちゃったんだけどね、やっぱりタイ料理は美味しい。

夜のバンコクを歩くだけで・・・

こう海外に行きたくて日本で毎日ウズウズしてたのが嘘みたい。ほんの少しでも夜のバンコクを歩くだけですんごい満たされちゃう。上手く言えないけど、やっぱり一人旅が好きなのよねー。

翌日はエカマイにあるコワーキングへ

タイ男一人旅

バンコク到着初日は屋台で飯を食べてビールを飲んで就寝。翌日は意識高めでしっかりお仕事をしたよ。エカマイにあるHUBBAってコワーキングスペースでお仕事をしたのでおま。

HUBBAはかなりイケてる

やっぱり海外のコワーキングは自分に酔わないとね。各国のITボーイに囲まれながら自分もその一員になってパソコンを叩いていると格好良いもの。タイってのは各国のノマド民がたくさん集まってるからね、俺もその一員になれて気持ちがよかったよ。ンギモだよ。

それにHUBBAは結構自由度が高いコワーキングスペースで、お庭でもお仕事ができるし、みんな各々仕事のしやすい場所でパソコンを叩いてたよ。ちなみに受付の方も親切で感じよかったな。オヌヌヌだよ、行ってみりーん。

仕事の合間にタイ料理

タイ男一人旅

HUBBAは自由に出入りできるようで、好きな時間にランチにお出かけもできるよ。わい、やっと念願のトムヤムクン。トムヤム兄やんマジで美味しいよね。食べると香草の匂いが鼻を抜けてタイに来たことを改めて感じさせてくれます。


タイ旅行記

そしてみんな大好きパッタイも。タイ風焼きそば的な料理で、もちもちした麺がめたんこ美味しいのよね。卵とよく絡んでて至福のひととき。えびタソもブリッブリでめたんこ美味しいしね。

晩飯はカオソーイ@Hom Duan

タイ男一人旅

ランチの後も粛々とお仕事をして、いい感じに終えたら晩御飯。この日訪れたのはHom Duanというお店。やっぱり美味い晩飯を食べるために仕事してる感、えぇあります私。


タイ男一人旅

このお店は大鍋に入ったおかずを好きに選んで五穀米に添えてもらうスタイル。どのおかずも魅力的で選ぶのも楽しいのよね。店内もおしゃれでいい感じなのでエカマイでディナーを考えてる人にはオヌヌヌよー。


タイ旅行記

そしてこのお店を選んだのにはね理由があってね、これカオソーイ。タイ北部のチェンマイという地域の麺料理でね、またこれが美味しいのなんのって。クリーミーでほんのり甘みもあってね、またドンッと入ってる鶏肉もホロホロでたまんない。

実は昔チェンマイに行ったこともあってね、そこでもカオソーイを頂いたんだけどね、思い出すわよねぇ。料理って記憶を呼び起こしちゃうわよね。そんな感傷に浸りながら至福の時間を過ごします。

ビールも近くのバービアで頂き、鬼のごとく酔っ払い泥のように眠りました。こんな風に毎日生活できたら幸せだなぁと思ったり思わなかったり。

仕事の環境を変えるのはやっぱり良いよ

改めて思ったんだけどね、やっぱりお仕事の環境をたまに変えるのは個人的にはめたんこオヌヌヌ。実際いい感じの場所で悦に浸って仕事して、合間に美味いタイ料理食べてまた仕事して、疲れたらフットマッサで癒されて。

こんなリズムでお仕事をすればそりゃ捗るに決まってるよ。ずっとこれだと確かに飽きると思うけど、たまにはね、いいと思うよ。お仕事で行き詰まってる人なんかはタイおすすめだよ。と言うわけで今回の旅の目的の一つはきちんと達成して来たよ。

翌日も仕事→飯→マッサ→ビールでおま

タイ男一人旅

タイまで来て何やってんだって話だけど、翌日も流れは前日と同じく仕事→飯→フットマッサ→ビール→finだよ。でもね、いいの全然、むしろこれが最高。わい、こんな風にするのが一番のストレス発散。ちなみに悲しいかな仕事はしないと何故か辛くなるからね、ここでもやるのよね、えれい。


タイ旅行記

この日のお昼ご飯@バーン・ライ・カフェ/Baan Rai Cafe (BTSエカマイの目の前24時間営業だって)


タイ旅行記

店内はこんな感じ。落ち着いてていいねだよ。


タイ旅行記

ランチにまたトムヤムクン食べたりね。


タイ旅行記

タイ米を満喫する為に焼き飯食べたりね、したの。

ちょっといいホテルに泊まったりね、したの

タイ旅行記

一応この日がタイ最終日だったもんでね、だもんでね、ちょっといいホテルに泊まったりね、したの。上で紹介したHUBBAが思いの外お仕事がしやすかったので、またエカマイ周辺のホテルなんだけどね、「SOMERSET」ってホテル。


タイ旅行記

だいたい1泊6000円くらいで泊まったんだけどね、これがまたいいホテルなのよ。綺麗だし場所もHUBBAに近いしね。


タイ旅行記

お部屋はこんな感じで、小綺麗な感じ。日本で6000円ではまず泊まれないね。


タイ旅行記

ベッドもおっさん一人には十分すぎるほどで、最初からこのホテルに泊まれば良かった感めちゃ強め。


タイ旅行記

各階の踊り場的な場所にはワークスペースがあったりね、コーヒーマシンやドリンクバーがあって飲み放題。


タイ旅行記

ちょっとしたカフェも併設されてて小腹が空いた時なんかはとっても便利。


タイ旅行記

宿泊客にはウェルカムドリンクが一杯無料なのでしっかり頂きました。おしゃれ。

このホテル、今後お仕事が低迷した時の合宿先候補に入れておきました。いつか来る売り上げ暴落の際はここに篭ってまた復活するの。そんな風に思えるくらいいい場所だったよ。

そして仕事をし飯を喰らう、以上

そして最終日もHUBBAでお仕事をして近所のサクラスパでフットマッサージを受けて飯。えぇ、本当に観光やその他旅行っぽい事は何もしていません。でもね、何度も言うけど俺はそれでええんやで、いやそれがええんやで。


タイ旅行記

えぇ、この日の晩飯はPRIMというお店。お泊まりしてたSOMESETの目の前のご飯屋さんだよ。ちゃんとしたタイ料理が食べれてメニューも豊富。普通に美味しいのでオヌヌヌよ。エカマイ界隈に行くことがあれば寄ってみりーん。食べてこりーん。


タイ旅行記

テラス席もあるから喫煙者にはとっても嬉しい環境。


タイ旅行記

やっぱりタイに来たら食べておきたいのがこれ、ガパオライス。ガパオライスってなんであんなに美味しいんでしょうね。いい感じの香辛料と共に炒めた鶏肉がご飯に激しくマッチング。

さらに目玉焼きを乗せたりしたらもうね、たまんない。最高に美味しいのよねガパオライス。わい大好き。


タイ旅行記

さらに鶏肉を炒めただけのシンプルなこれ、ジャケ買いよね。一緒に出てくるタイのあの辛いタレ、あれ本当何にかけても美味しいよね。酸っぱ辛いのがたまらんのよ。美味しい。幸せ。


タイ旅行記

そしてホテルのカフェーでビールなんか飲んじゃったりね。やっぱりお仕事しっかりしてね、美味しいご飯も食べてね、ビールを飲めばね、全てのストレスは解消されるよね。すごいねお酒って。ちなみにこれ、全部一人でやってるからこその開放感なんやで。一人は偉大だよ。

そして翌日、我帰国〜タイ男一人旅まとめ〜

最終日もご機嫌さんで眠ったわい。翌日に無事エアアジアにて帰国。タイに来る前に立てた目標は全てきちんとクリア出来ました。日本とはまた違った町を歩いているだけで旅行欲は満たされるし、観光も何もしてないけどあと3ヶ月は耐えられそう。

それに溜まりに溜まったストレスもしっかり発散したし、気分も爽快。日本でまた頑張る活力を蓄える事も出来たし、大げさで気持ちが悪いけれど自分と向き合って今後の事も色々考える時間も取れて良かったよ。

それにお仕事だっていつもと違った環境で出来て気分転換になったしね、しっかり集中してやれたもんで満足よね。お仕事放っぽり出して旅するってのもいいけど、わいお仕事しないと何故か悲しくなるびょうきだからね、ちゃんと仕事出来てね、良かった。

大人になると色んなしがらみがあってだね、なかなか男一人で旅行なんてのも難しくなってくる。でもね、やっぱり行き詰まったり煮詰まったりした時はね、少し無理してでも時間をとってお外に出てみるのはおすすめだよ。

毎日が辛い、日々が過ぎるのをただ待つだけ、徐々に死に向かっているだけの君。ちょっと旅にでも出てみなよ。わいはそれですんごい楽になったから。








雑談

ところでタイに男一人で旅するなんて聞くと、「売春旅行じゃん」なんてことを思う人も多いと思う。実際行きの飛行機でもそんな話をしてるイエローモンキー♂がたくさんいたもんでね。でもね、ただそこはわい、断固としてNOセックス。というのも性病に異常な恐れを抱いているゆえです。タイのHIV感染者数はアジア4位の440,000人。人口が約6701万人らしくて、要するに全人口のの約0.65%がHIVキャリア。参っちゃうぜ。

それにHIV以外にも梅毒やクラミー兄やん、さらには淋病なんかもあるわけで、それを考えるともう怖くて出来ない。例えば日本にパートナーがいると仮定して想像してみてほしい。パートナーとの間にデフレスパイラルならぬ性病スパイラルが起きるのは容易に想像できるし、最悪性病のせいで風俗遊びがバレてお別れなんて事も全然普通にある話だ。

タイの魅力は確かにゴーゴーバーやマッサージパーラー、さらに立ちんぼや置屋遊びなどなどの風俗遊びであるのも事実だ。でもね、わい小童、まだまだ命をかけて遊ぶには早過ぎる印象。情けないですが、まだまだビビっております。あと俺、そういう貧乏くじ引きがち系男子だもんでね。

ただもちろんそんな遊び方をしてる人に嫌悪感を抱くとかそんなのは無くて、むしろ楽しそうだなぁと渇望の眼差しを送っておるのでおま。だから風俗旅行ブログなんかは楽しく拝見してるし、世界の美女を抱き尽くすなんて憧れないわけないよ。

まぁなんにせよだね、本当はわいもタイの女の子の話とか書きたかったんんだけど、そんな理由でパンチの無い記事になってごめんやでって話。タイに来てまで風俗遊びもせず観光もせずダラダラ飯食ってビール飲むくらいしかしてない記事で本当申し訳ないんだけれどもね君、ただわいにとってはそれが一番気楽で楽しかったからそこだけ感じておくんなはれや。

P.S.

実は初めて当サイトにもSNSで繋がっている方以外の方からコメントが届きました。めたんこ嬉しくて嬉しくてこのタイ男一人旅の記録を書いてよかったなぁと思っている次第です。

特に何か情報を提供している訳でもなく、なんとなく自分が行って良かったなぁと思う場所やその時々で感じたことを書いてる訳ですが、そんな一見無価値なこの記事にもコメントが届いたこと、本当に嬉しく思っています。

こうブログを書いててもたまーに何で書いてるんだろうと思ったりする時もある訳でして、それがコメントひとつでこんなに満たされるとは思っても見ませんでした。

なかなか気持ち悪い感じではありますが、そんな風に思っています。

これからもっとタイ以外にもいろんな国に行ってみタイと思っていますので、また男というかおっさんの一人旅を更新していく予定です。今後とも何卒よろしくお願いします。

ちなみにコメントではあなたの個人情報についてはこちらは何もわからないので、気兼ねなく以下のフォームより感想などいただけると嬉しいです。ではよろしくおねがいします。