トンロー屋台街


関空からタイはバンコクのドンムアン空港に降り立った俺。

無意識の中でタイバーツに両替し、海外simを買う。

「あぁ、来ちまった・・・」、近所のパチ屋に来た時の気持ち。

とは言え腹だけは減るのでとりあえず屋台飯を求め彷徨う。

トンローの屋台街はサクッと食えていいね

トンロー屋台街


何を思ったかトンローで宿を取ってたので、タクシーで向かう。

ところでトンローと言えば日本人駐在員が多く住む地域らしく、

ハイソぶった淫乱駐在員妻がたくさんいる地域らしい(偏見)。

またトンローには小さい屋台街のような場所があり飯が食える。

マレーシアのアロー通りのような大規模な屋台街ではないけども、

それでもトンローの屋台街は落ち着いて飯が食えるので好き。

タイ料理ってやっぱり大概うまい

トンロー屋台街


BTSトンローって言う電車の駅近くにこの屋台街はあってだね、

駅近で速攻でタイの屋台飯が食いたい時にはもってこいだ。

写真が吊ってあるので、お気に入りを指さして「これおくれ」。


トンロー屋台街


で、出て来たのが写真のやつです。スパイシーでうまいのよね。

あとタイ料理で一緒に出てくる赤いタレめちょ旨いんですけど。

ちな、地図は以下の通り。多分雰囲気でわかると思うけれどもね。


屋台飯をたらふく食って就寝

トンロー屋台街


実は空港に着いたのは22時くらいだったので飯を食ったら即就寝。

トンロー駅近くの「ピンクゲストハウス」とやらに宿をとりました。

エアコン無しの扇風機のみですが、もうこの歳になればどこでも寝れる。

蟻とか虫とか全然居たけど、正直もう俺そんなんどうでもええねん。

でも屋上にはテラスがあってタバコ吸えるし、何より安いし良い宿でした。

ちな、俺が予約した時は350バーツくらいで約1200円くらい。あれ?高いな。

まぁ何と言うか、独りはいいよね

海外に来る前ってのはやっぱり結構わくわくするんだけどもだね、

バンコクは何回か来てるもんでいざ到着しても何しようってなるのよね。

観光も昔やったしね、本当リアルに飯食うくらいしかないのよね。

ただそれでも独りってのが際立つもんでやっぱり一人旅は楽しいわよ。

誰も俺の事知らないし、変なしがらみもないし、何より自由だもんで。

だから色々日本での生活に疲れたら一人旅でもしてみてね、

ほんでもし興味があったら屋台飯でもたらふく食べてみそ。元気出るよ。


>>次回:寝台列車で子宮に還るおっさんの話